YO-TAROU


Steam Controller 何が良いって?

先日手に入れたスチームコントローラーですが、触ってびっくり!考えた人天才!てな具合で何がびっくりしたのか。PCゲームでコントローラーと言えばやはりXbox系が普及してるし馴染んでるので、あえてスチコンを買おうとは中々思わないもんです。私もスチコン?ふぅん、程度でしたが、実際使っている方の話を聞いて、これは・・と、購入したわけです。スチコンを気にしてる人はある程度の仕様を知ってると思うので、触ってみて初めてわかる凄さを書きたいと思います。

Steam Controller

両サイドのトラックパッドが凄い

ただのトラックパッドなんですが、手になじんでくると(最初は違和感)すげー気持ちいい(重要)
ただのトラックパッドなんですが、裏で微小な振動が連動して指先にカリカリカリやコロコロコロといったフィードバックを感じれる(これが凄い)

この振動は触って初めて分かる凄さで、右パッドはマウスカーソル、左パッドは画面スクロールなどのマウスに代わる入力機器としてジャストフィット。これにより、それらを多用する見下ろし型RPGやシミュレーションゲームをストレスなく操作できてしまいました(筆者感)。むしろFPS系よりもそういったゲームとの相性が良い印象を受けました。このわずかな振動があるのと無いのでは味噌の入っていない味噌汁みたいなもんです。

同じ椅子でも、長々とマウス&キーボードで画面に向かうより、背の角度を引いてゆったりしながら同等の操作感を得られるのは大きいですね。

キーコンフィグの自由度がハンパない

スチコン&SteamではBigPictureというインターフェースを使いゲーム毎のキーコンフィグを設定する事が出来ます。また、ユーザーが作った設定を読み込むことで人気のキーマップを簡単に適用でき長時間悩むことなくゲームに没頭できます。このキーコンフィグですが1つのボタンに対して2回押しや長押しなども設定出来るので自由度がハンパないのです。そんなに覚えきれない?安心してください。ゲーム中でもBigPictureを呼び出せばすぐに確認、変更が出来るのです。他にも設定で今なんのボタンを押しているのかを画面に表示することも出来ます。とにかくユーザーフレンドリーな設計なんです。

ここまでスチコンを褒め称えましたが、ほんとに良いコントローラーです。スチコンのアフィリエイトでも貼ろうかしら・・


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です